エコ配フレックスのメリット&デメリット

エコ配フレックスの仕事の良いところ、良くないところ、どんな人に向いているのかについてまとめます。



メリット


  • 特別なスキルが必要ない
  • 好きな時に働ける
  • 当日朝までキャンセルできる
  • 時給換算2000円から3000円も可能
  • わずらわしい人間関係がない


エコ配フレックスで働く条件は、18歳以上、スマホを持っている、東京都中央区勤務、日本語が理解できる、この4つだけです。


肉体労働なので体力は必要ですが、そこまで長時間勤務ではなく誰でもできる範囲内となっています。

特別なスキルが必要なく誰でも働けるのは大きなメリットといえます。


週何日、何時間と勤務日数や時間が決まっておらず、自分で選んだ日だけ出勤することができます。

これはフレックス勤務の強みですね。


急に予定が入っても当日朝までならシフトをキャンセルでき、誰にも謝る必要はありません。


しかも時給換算で2000~3000円と、日払いバイトなどに比べるとかなり高額となっていて、スキマ時間をうまくお金に変えるには最適です。


他の仕事とうまく噛み合わせて利用することができれば、非常に効率が良い仕事と言えます。


また、業務中は基本的に一人での単独作業となるため、上司や同僚との人間関係に悩むこともありません。



デメリット


  • 働ける時間が限られている
  • シフトに入りにくい
  • スキルや人脈が身につきにくい
  • 雨風雪の時など体力的に厳しい


エコ配フレックスは好きな時間に働けますが、平日の3つの時間からしか選べないので、いつでも思い立った時に自由に働けるわけではありません。


現段階では入れるシフト数に対して入りたい配達員数の方が多いため、シフトは一瞬で埋まってしまいます。


そのため、急に予定が空いたから働こうと思ってもシフトが埋まっていることが多く、実質的には1週間前からスケジュールを組む必要があります。


また、ダブルでシフトを入れても最大5時間までしか働けないので、丸一日働くことはできません。

荷物を指定の場所に持って行ってサインをもらう、というある意味単純作業なため、長く働くことで人脈が広がったりスキルが身についたりすることは少ないです。


また、屋外での徒歩業務となり、更にコピー用紙や飲料など重量物を運ぶ事になるので雨・風・雪など悪天候時はかなりきついです。



まとめ


エコ配フレックスは好きな時に働くことができ、非常に効率よく稼げるお仕事です。


仕事内容としては体力を使いますが、経験やスキルが必要なわけではないので、基本的にはだれでも働けます。


ただ、今のところ安定してシフトに入るのは難しく、この仕事だけで生活していくのは厳しいです。


シフトに入れるのが平日だけなので、土日休みのサラリーマンの副業としては選択肢に入らないでしょう。


本業がサービス業や自営業など、平日に空き時間が出来てしまう人には、スキマ時間を埋める副業としてちょうど良さそうです。


体を動かす仕事なので、運動しながらお金がもらえると考えると、普段デスクワークしかしない人には意外といいかもしれませんね。