エコ配フレックスは実際どれくらい稼げるの?

エコ配フレックスは実際どれくらい稼げるの?

報酬形態はどうなってる?

振込の時期はいつ?

荷物を配りきれなかった時はどうなるの?


お金に関する気になることをまとめました!



配達料

荷物1つにつき150円の完全歩合制です。
時給制ではないため、勤務した時間数は関係なく配達した荷物の数で報酬が決まります。


  • 3時間勤務は荷物40個
  • 2時間勤務は荷物20個

基本的には時間によって割り当てられる荷物の数が決まっています。

荷物状況によってプラスマイナス3個くらいまでは変動があります。


3時間勤務(40個):40×150=6000円

2時間勤務(20個):20×150=3000円
これが基本の報酬となります。


予定よりも早く配り終えたら終了時間より前に帰ってもOKです。

時間が余ったからといって追加で荷物を受け取って配達することはできません。最初に割り振られた荷物が上限になります。

時給ベースで考えれば早く終えるほど効率が上がりますが、日給ベースだと1日の上限は決まっています。



荷物を配りきれない場合

9:00-12:00のシフトの荷物

配達締め切りが14:00までの荷物のため、多少遅延しても問題ありません

12時の段階で未配の荷物が残っている場合、社員さんに報告して残りの荷物を渡して退勤することもできますし、社員さんに報告後12時以降も配り終えるまで勤務することもできます。

荷物を配りきれなかった場合、配った荷物分のみの報酬がもらえます。

大体は12時以降になっても最後まで配る人が多いそうです。もちろん荷物1個で150円と決まっているので、遅くなってしまっても残業手当はありません。

11:00-14:00、16:00-18:00のシフトの荷物

それぞれ配達締め切りが14:00と18:00のため、配達が遅れていると社員さんから連絡があり、時間内に配り切れるようにいくつかの荷物は社員さんが配ることになります。

この時、社員さんが配達した荷物分の報酬は貰えません



時給・日給

エコ配Flexの報酬は時給制ではなく歩合制ですが、時給換算で考えた場合
  • 3時間シフトで6000円⇒時給2000円
  • 2時間シフトで3000円⇒時給1500円
予定時間ぴったりで配り終えたとするとこのようになります。


しかし、時間内に早く配り終えた場合、報酬は変わらず勤務時間は短くなるので時給換算はさらに高額となります。
ダブルシフトで勤務した時にも紹介しましたが、上手くいくと時給換算で3000円を超えることもあります。

1日2つシフトに入った場合、1日合計5時間勤務で荷物60個が最大となります。

つまり、交通費500円を入れて日給9500円がエコ配フレックスの日給の上限ということになります。



交通費

勤務先の営業所や、自分の住所に関わらず、全員一律一日500円が付与されます。
1日2つのシフトで働いても交通費は500円です。
中央区から遠い人にとっては厳しいですが、中央区に住んでいて交通費がかからない場合は500円が丸々報酬となります。



デポジット

初回勤務時にユニフォームが渡され、ユニフォームデポジット(預かり金)として2400円が初回報酬から引かれます
フレックス配達員を辞める時、エコ配本社にユニフォームを返却すると2400円が戻ってくるので、実質的には金銭的な負担はありません。

ただし、返却しないとデポジットは戻ってこないので紛失しないように注意は必要です。



報酬振込

  • 毎週金曜日締め
  • 翌週金曜日払い

となっています。

その際、振込手数料はかかりません。

週ごとに手数料なしで報酬が貰えるのは嬉しいですね!



税金・保険

エコ配フレックス配達員はUber Eats配達員と同じく、雇用契約ではなく業務委託契約となっています。
フレックス配達員はエコ配と雇用契約書を交わすことなく、個人事業主として報酬を受け取ります。


よって、振り込まれる報酬からは税金や社会保険料が引かれていません。


給与所得があってエコ配などの副業収入の合計が年間20万円以上、もしくは給与所得がなく年間で38万円以上稼いだ場合は確定申告を行い自分で税金を納める必要があります。



まとめ

エコ配Flexが稼げるかというと、時間当たりの収入で考えると非常に効率よく稼げるお仕事です。


40個の荷物をがんばって2時間で配り終えれば時給換算3000円なので、この手のアルバイトとしてはかなり高額です。


ただ、1日中好きな時間に入れるわけではなく稼げる上限が決まっていることや、そもそもシフトに入るための競争率が高いことを考えると、これだけで生活していけるわけではありません。


シフトの合間にUber Eatsで配達の仕事をしたり、シフトに入れなかった時にタイミーワクラクで単発の仕事を入れる、といった働き方が理想的なのかもしれません!